オフィス備品を選ぶ大切さ|作業効率を良くするオフィスレイアウトを考えるコツと基礎知識
ロゴ

オフィスの移転や模様替えを行うならオフィス備品をしっかりと選ぼう

オフィスで仕事をする際に大切なオフィス備品

オフィスで仕事をするには、仕事内容に合ったさまざまなオフィス備品が必要です。使用用途に合わせてオフィス備品を選ぶことにより効率よく仕事を進めたり、社員にとって快適な空間をつくることができます。

オフィス備品で必要なものランキング

no.1

オフィスチェア

オフィスチェアは、オフィスで仕事を行う上で最も重要ということで第1位に選ばれました。社員全員分のチェアがないといけません。また、オフィスチェアにはさまざまなタイプのものがあるため、長時間座り作業をする業務では、座り心地なども充分に確認しておかなくてはなりません。

no.2

オフィスデスク

オフィスチェアと同じく、仕事に必要なオフィスデスクは第2位です。仕事の内容に合わせてデスクの形を変えたり、小規模オフィスではスペースを最小限にするために横に長いタイプのデスクを揃えたりなど、さまざまなシーンに合わせてデスクを選ぶことで仕事の効率も上がります。

no.3

ミーティングチェア

第3位は「ミーティングチェア」です。ミーティングチェアは、来客時に使用したりするため、デザインや座り心地などもチェックしなくてはなりません。また、ミーティングスペースはたくさんの方が利用するので、オフィスチェアのようなものではなく、スッキリとした省スペースで利用できるデザインのものを選ぶと良いでしょう。

no.4

ミーティングテーブル

ミーティングテーブルは第3位です。ミーティングテーブルにはさまざまなタイプがあり、キャスター付きのものや折りたたみのできるものなどもあるため、場所を異動してミーティングを行う際にも便利なテーブルがたくさんあります。

no.5

収納家具

第5位は「収納家具」です。仕事で使う資料をしまったりするので、収納力を重視したものを選ばなくてはいけません。また、大事な資料をしまう場合はセキュリティ面を考慮して選んだり、オフィスの雰囲気に合うようなデザインを選ぶこともおすすめします。

オフィス備品を選ぶ大切さ

メンズ

オフィスを移転する

オフィスを移転する際は、予定している移転日から半年前には計画を立てて、どのようなオフィスにするか、どのような備品が必要なのかある程度まとめておく必要があります。今あるオフィスの契約書などもしっかりと確認しておくことをおすすめします。

移転するオフィスを決める

オフィス移転の予定日から4ヶ月前には新しいオフィスを決め、契約の手続きを進めておきましょう。移転に伴って社員が働きやすい環境を考えたり、仕事への意欲を最大限に引き出せるようなオフィスを作れるように計画をすすめると良いでしょう。

オフィスが決定したら

移転するオフィスが決定したら、オフィスの内装に使用するオフィス備品を揃えましょう。社員数に合わせたデスクやチェア、リラクゼーションスペースがあるならその場所で使用するものを揃えたりなど、備品の手配を進めましょう。
このように半年前から計画を立てて行くことで理想のオフィスを作ることができるのではないでしょうか。

広告募集中