社内の雰囲気を変える|作業効率を良くするオフィスレイアウトを考えるコツと基礎知識
ロゴ

オフィスレイアウトで社内の雰囲気を変える方法とは

社内の雰囲気を変える

オフィス

オフィスレイアウトを行う

オフィスレイアウトは、面積に合わせて備品を配置したり、デザインや家具を統一するなどしてどのようなオフィスにしたいのかというテーマを元に必要な物を揃えていく必要があります。

明るさも大切

オフィスレイアウトを考える際は、オフィス内の明るさにも注目することが大切です。パーテーションなどの仕切りを置いたことにより部屋が暗くなってしまう可能性もあるのできちんと明かりを確保しましょう。また、照明の色によって雰囲気を変えることもできます。

オフィスレイアウトを業者に依頼した際に受けることのできるサービス内容リスト

  • パーテーションの工事
  • 天井工事
  • 内装工事
  • 壁工事
  • 床工事

オフィスの雰囲気を変える事ができる場所BEST5

no.1

受付・エントランス

1位に選ばれたのは「受付・エントランス」です。受付やエントランスは、来社された方が一番最初に訪れる場所です。ですので、受付やエントランスの雰囲気で会社の印象が決まると行っても過言ではありません。毎日の掃除はもちろんですが、雰囲気も明るく良いイメージを持ってもらえるような空間にすることをおすすめします。

no.2

執務エリア

社員が仕事を行う執務エリアは第2位です。仕事を行うために多くの時間を過ごす場所なので、仕事のしやすい環境に整えなければいけません。仕事内容の異なる部署がある場合はそれぞれきちんとオフィスレイアウトを考えて備品の配置を行うようにしましょう。

no.3

リラクゼーションルーム

第2位は「リラクゼーションルーム」です。ずっと仕事をしていては、集中力は落ちてしまうものです。その際に気分転換をすることのできるリラクゼーションルームはリラックスのできる空間でなくてはいけません。社員同士が会話を楽しめるような空間にすることでも、社内の雰囲気を良くすることに繋がります。

no.4

会議室

ミーティングを行う会議室は第4位に選ばれました。社員同士でミーティングを行う際にも使用しますが、お客様と話をする際にも使用する場合があります。ですので、会話をしやすい環境を整える必要があります。丸テーブルを使用したり、向かい合わせで座れるデスクを使用したりなどすると良いでしょう。

no.5

役員室

役員室は第5位です。企業を率いるトップレベルの役員が利用するスペースでもあり、お客様を招くスペースとしても利用される場所です。そのため、高級感のあるレイアウトにし、植物を置いたりなどして雰囲気を整えておくと良いでしょう。

広告募集中