ロゴ

オフィスレイアウトのタイプを知って仕事内容別に使い分けよう

最初に

オフィスレイアウトを行う場合は、まずは目的を考えてレイアウトを決める必要があります。レイアウトにはさまざまな形のものがありますが、こちらではブース型と背面対向式の2つを比較しご説明します。

オフィスレイアウトのブース型と背面対向式を比較

ブース型レイアウト

ブース型レイアウトとは、デスクの周りをパーテーションなどで仕切った空間のことを言います。作業に集中するために、周囲の音や視界に入るものを遮るタイプの形です。プログラマーなどの集中力が必要な分野の職種に向いているレイアウトになります。

背面対向式レイアウト

背面対向式レイアウトとは、中心に空間を設け、周りをデスクで囲う形を作るものです。背面対向式ということで、作業中は全員が違う方向を向いてデスクで作業を行えますが、すぐに後ろを向くことで話し合いを行うことができるため、企画を行う職種に向いているレイアウトです。

オフィスレイアウトを行う前に

オフィスレイアウトを変えるには、オフィス改装を行う必要も出てきます。その際に注意するべきポイントを抑えておくことで、より良い空間を作り出すことができます。

オフィス改装を行う際のポイント

デザイン重視にしない

オフィス改装は、デザインだけを優先するのではなく、仕事の効率優先で改装工事を行うようにしましょう。オフィスというのは仕事をする場ですので、外観やデザインを決める前に、オフィス備品の配置などを決めてから色などを決定していきましょう。

不要なものの廃棄を考えておく

オフィス改装を行ってデザインを一新するとなると、どうしても不要なものが出てきてしまいます。不要なものとは、新しく新調して柄合わなくなったイスやデスクです。その他にも収納棚やパーテーションなどさまざまな備品を交換する場合は不用品が出てきてしまいます。廃棄するという手もありますが、オフィス備品専用のリサイクル店などを利用しても良いでしょう。

セキュリティーを強化する

仕事で使用する資料をそのまま見える場所に置いてしまっては情報漏えいに繋がりかねません。きちんと鍵付きの棚を用意することも大切です。また、防音対策の整った部屋を用意することで大事な会議などで使用することもできます。

[PR]

パーテーションを購入
欲しいものがすぐに発注できる オフィス備品を低価格でゲット!経費に負担をかける心配なし!
オフィスレイアウトのセミナーとは?必要な知識がしっかり学べる☆
千代田区でレンタルオフィス探しどれも優良物件ばかり☆ オフィス改装を任せるサービスメニュー豊富☆

オフィスレイアウトの基礎

レディ

部署メンバーで島を作る

オフィスレイアウトで多く使用されているのが対向式レイアウトです。部署ごとに島を作り、メンバーが向かい合わせに座ることができるタイプのレイアウトです。部署のメンバー同士のコミュニケーションが取りやすい形になっています。

ローパーテーションを利用する

対向式レイアウトでローパーテーションを利用することで、反対に座っている人の顔が見えないため作業に集中することができます。メンバー間での会話が必要な場合は立ち上がりすぐに会話をすることができるというメリットもあります。このように時と場合に応じてオフィス備品を活用しましょう。

レイアウトの基準を理解しておこう

オフィスレイアウトには、基準の寸法があります。それは、人が通ることのできる場所を確保するということです。通路の幅を80cm程度に設定し、デスクなどを配置することで移動がしやすいレイアウトを作ることができます。

[PR]

広告募集中